人の輪ネット

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年12月25日 交流&感謝祭

<<   作成日時 : 2012/01/07 03:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

福島に元気をありがとう! 交流感謝祭

画像


2011年12月25日(日)
東京都心で「福島に元気をありがとう!交流感謝祭」を開催。
お天気に恵まれ、160名を越える老若男女が集まりました。

画像


最初に、神田明神の神職さまから、東日本大震災の鎮災と鎮魂の祈りをささげていただきました。来年が平安なること、人々の無病息災を祈ってもらい、お祓いをしていただきます。

画像

続いて、餅つき。
日本の年中行事です。

画像

お餅にからめる、きな粉、あんこ、大根おろし、納豆、醤油に海苔、福島式の食べ方です。


画像

画像

そして、芋煮。山形県人会のメンバーによるプロの味です。
100人用の鍋が、あっという間にカラッポに。


画像

画像

豚白菜ナベでお腹を満たしました。ほかほかのおナベで、心もほっこり。


画像

僕らにも、お餅をつけるよ。

画像

お腹が満ちると、支援者と避難者それぞれからの挨拶。
千代田区議 永田壮一さん。避難所でラジオ体操の指導をしてくくれました。
ラジオ体操といえば、同じく千代田区議の桜井ただしさんも、毎朝避難所に指導に来てくれました。感謝!


画像

味の素株式会社の古賀大三郎さんからの挨拶。豚白菜ナベや子どもたちへのお土産を提供してくださいました。


画像

神田明神さんのお供え物に、山口産みかんを提供したNPO法人農商工連携サポートセンター大塚代表。山梨県勝沼市で飼っていた牛肉20kgも芋煮に提供しました。


画像

赤プリ一時避難所2階の食堂脇、相談コーナーに座っていた災害復興まちづくり支援機構 中野明安弁護士。


画像

「福島県被災者同好会」の事務局、さわやか福祉財団の松村英二さん。同好会ニュースで色々な情報を提供しています。


画像

一般財団法人みんなの森財団 堀内拓馬氏。大都会での餅つき実現に尽力しました。


画像

高橋南方司さん。山林の樹木生育調査(保育調査)にも参加。FUKUSHIMAメンバーと大いに語りあいました。大熊町から避難中。


画像

画像

兄妹バンドISSINが、大阪から駆けつけて歌と演奏のプレゼント。
音楽と詩の力を実感。心に深くしみいります。


画像

女優の秋吉久美子さんが激励にかけつけてくれました。いわき市出身の秋吉さんは、被災地への支援活動をされています。




交流感謝祭の舞台裏 (メイキング・フォト)
画像

画像

神田明神さんが組んだ祭壇。お供え物は、支援者(澤本孝代先生千代田ラジオ体操会連盟)と避難者(佐藤喜久雄 南相馬市)、双方でもちよりました。お神酒は、福島のお酒です。


画像

参加の皆さんへ手土産を準備。生活クラブ生協・東京さん(お菓子、ジュース)、味の素さん(調味料セット、回鍋肉、鶏がらスープ、ハーブティ)、農商工さん(みかん)、ダイヤモンド東京パイロットクラブさん(絵本とぬりえ)、ISSINさん(音楽CD)、ありがとうございます。



画像

NPO法人花咲き村の園田安男代表(右)とみんなの森財団の高橋保雄さん(左)。地元あきる野から餅つき道具一式ともち米、小豆を持ち込んで、避難者を励ましてくれました。この日は、大活躍でした。


画像

画像

スタッフが準備している間、その子どもたちは学生ボランティアさんと保育士さんに遊んでもらいました。
上智大学、専修大学、甲南女子大学、清泉女子大学、慶応大学の学生と卒業生。


画像

テントを用意して、後は来場者を待つばかり。左が豚白菜ナベ(味の素)、右が芋煮(味処よこ川と山形県人会)。


画像

画像

つきたての思いにからめる具を用意。あんこ、きなこ、大根おろし、納豆、海苔と醤油。


画像

画像

ボランティアで、避難所にて鍼灸指圧マッサージを施術してくださった先生方。交流感謝祭でも、スタッフをねぎらってくれました。写真は、大澤健次先生






画像

地震や津波の被害、放射能を逃れて、多くの人が全国各地に避難しました。
2011年3月の東京にも、被災した人たちが集まっていました。
東京武道館、ビッグサイト、味の素スタジアム・・・。このころは、原発事故が収束すれば家に帰れるものと考えていました。グランドプリンスホテル赤坂も一時避難所として提供されました。この避難所が閉館する頃には、事故も収まるだろう。福島に帰って地震の後片付けをしよう・・・。そう思っていたのを覚えています。

一時避難のころ、地元の人たちから、たくさんの思いやりと支援をいただきました。
福島にはしばらく帰れそうもないけれど、この一年の締めくくりに支援の皆さんに感謝の心を表したい。
避難所で一緒に過ごした人同志で旧交を温めたい。
そんな思いが、交流感謝祭で実現しました。

でもきっと、これからも福島から避難する人は増えるでしょう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2013年5月11日 神田祭 相馬野馬追&子ども山車
2013年5月11日 神田祭 相馬野馬追&子ども山車 ...続きを見る
人の輪ネット
2013/05/14 22:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
交流感謝祭にお招きいただきありがとうございました。おかげさまで久しぶりに利用してくださった皆さんやボランティア仲間と再開することが出来て楽しく過ごすことが出来ました。大澤先生大活躍でしたね。パソコンをご覧になることは多分ないと思うので、この記事をプリントアウトしてお送りしておきます。このブログが皆さんの便利な情報交換の場になるといいですね。
はりマッサージ田辺
2012/01/13 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年12月25日 交流&感謝祭 人の輪ネット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる