テーマ:チェルノブイリ

2012年10月17日ネステレンコ氏講演会

2012年10月17日 アレクセイ・ネステレンコ氏来日講演 in 福島市 ベルラド放射能安全研究所は、ベラルーシ共和国の民間研究所です。 放射能の空間線量の測定や、食品汚染の測定、ホールボディカウンターによる内部被曝の測定など、 世界随一のデータ蓄積と、放射能を低減するさまざまな手法を研究開発してきた研究所です。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年5月20日 「核の傷から、 子どものいのちを守る」懇談会

2012年5月20日 「核の傷から、 子どものいのちを守る」懇談会 埼玉県で開かれた勉強会に、出席しました。 講師は、ミシェル・フェリネクス氏と肥田舜太郎氏。 低線量被曝の健康影響と、放射能から身を守るためのお話です。 ヒロシマ、ナガサキの原爆投下時1945年、現役のお医者さんだった肥田先生は、熱のある子どもを往診中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年4月29日  「放射線被ばくから子どもを守るために」勉強会

2012年4月22日 「放射線被ばくから子どもを守るために」勉強会 小児科医の黒部信一先生による勉強会が、たんぽぽ舎で開かれました。 東京神田のたんぽぽ舎は、 脱原発と、環境破壊のない社会をめざして多くの人々が出会える「小広場」です。 環境問題の情報源として、多くの人に利用されています。 黒部信一先生は、チェルノブ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2012年4月22日  「チェルノブイリと福島」講演会

2012年4月22日 「チェルノブイリと福島」講演会 東京神田の明治大学駿河台キャンパス、リバティホールにて、 チェルノブイリからのゲストを迎えての講演会が開かれました。 慈善団体「困難のなかの子どもたちへ希望を」代表ポホモア・ワレンチーナさんと その娘さんのゼレンヴィチ・オリガさんです。 お二人は、26年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月10日 ウクライナからの報告

2012年3月10日 ウクライナからの報告 ウクライナから、平和活動家のオレクサンドル・スィロタ氏が緊急来日されました。 スィロタ氏は、東京、四ツ谷の講演会場ヨゼフホールに成田空港から直行で駆けつけました。 スィロタ氏は、プリチャチコム副代表で、チェルノブイリ被爆者互助団体「ゼムリャキ」広報担当をされています。 人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more